民進党(偽)はガソリーヌ山尾がガソリンプリカ問題を秘書のせいにして 2015年度分などについても多額のガソリンプリカ購入をしていることの 説明責任から逃げ回っています

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • 民進党(偽)はガソリーヌ山尾がガソリンプリカ問題を秘書のせいにして 2015年度分などについても多額のガソリンプリカ購入をしていることの 説明責任から逃げ回っています
  • ホーム
  • »
  • »
  • 一般
  • »
  • 民進党(偽)はガソリーヌ山尾がガソリンプリカ問題を秘書のせいにして 2015年度分などについても多額のガソリンプリカ購入をしていることの 説明責任から逃げ回っています

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
 カテゴリ
 タグ

民進党(偽)はガソリーヌ山尾がガソリンプリカ問題を秘書のせいにして 2015年度分などについても多額のガソリンプリカ購入をしていることの 説明責任から逃げ回っています

  •  投稿日:2017-3-20
  •  カテゴリ:一般
民進党(偽)はガソリーヌ山尾がガソリンプリカ問題を秘書のせいにして
2015年度分などについても多額のガソリンプリカ購入をしていることの
説明責任から逃げ回っていますが
(追及しないマスゴミも相変わらず民進党(偽)擁護の姿勢が露骨)
今度は西村智奈美議員のところで不正がバレたようです。

【民進・西村智奈美衆院議員の元会計担当職員が3360万円を着服 一部は政党交付金 刑事告訴を検討】
 民進党の西村智奈美衆院議員は18日、新潟市内で記者会見し、西村氏の後援会など3団体の会計事務を担当していた民主党新潟県第1区総支部(当時)の元職員が政治資金約3360万円を着服していたと明らかにした。

 西村氏によると、元職員は西村氏の事務所に勤めていた平成18~24年ごろ、同市にある事務所の金庫から、総支部のほか、西村氏が代表を務める政治資金管理団体「西村ちなみと100人委員会」と、後援会「智水(ちすい)会」の政治資金を抜き取り、着服した。着服額は約3360万円に上る見込みで、総支部に交付された国の政党交付金も含まれている。約1780万円は弁済を受けたとしている。

 元職員は25年1月に退職し、同月に会計の引き継ぎを行った際、着服を打ち明けたという。着服した金は「知人が投資に使った」と説明している。

 西村氏は「関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしたことを深くおわびする」と謝罪し、再発防止に努める考えを示した。業務上横領罪などで元職員の刑事告訴を検討するほか、未返還分の民事訴訟も行う方針という。
(2017/3/18 産経新聞)


平成25年1月に着服について事実を把握していたにもかかわらず、
今まで表に出してこなかったということがポイントです。
政治資金規正法違反で会計担当者が有罪となれば議員も連座します。

そこで時効を過ぎ、さらにマスゴミが森友学園で大騒ぎしているこの時期に発表したのでしょう。

刑事告発を検討中などと言っていますが、
民進党(偽)は国会で安倍首相に
「疑惑を誹謗中傷などというのであれば今すぐ名誉毀損で訴えろ!訴えないのはやっぱり疑惑に関与しているからだろう!」
なんて、特に福島伸享とかいう議員が繰り返していましたが、
民進党(偽)さんも秘書がーとか言いながら議員が懐に入れるのを誤魔化してるだけなんじゃないですか?
疑惑を晴らすためにも、元会計責任者とやらを刑事告発すべきでしょう。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 嫌儲24時速報ろだ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる