そうそう、岡崎トミ子が亡くなったそうです。ひとまず冥福を祈ります。

岡崎トミ子は民主党政権の異常さを示す1人でした。
菅直人は千葉景子が落選したにもかかわらず大臣を続けさせるなど
反日テロリストが大好きでしたが、
その1人であった岡崎トミ子は国家公安委員長にしました。

国会の最中に韓国に行って日の丸の旗に大きくバッテンを書いたものをバックに
笑顔で韓国人達と反日デモの記念写真を撮っていたことは知られていますが、
反日テロリストとともに行動をしていたため、
公安調査庁の監視対象であったことを野党時代の自民党が国会審議で指摘しています。

テロリストに繋がる者として監視されている人間を
国家公安委員長という大臣職に就けさせたのですから
警察の組織がガタガタになるのは当然でしょう。

そして民主党政権ではパチンコ取締を目こぼしする現場である
生活安全課ばかりを要職に出世させました。
警察の敵が警察組織のトップに居座り、警察組織を内側から破壊していた形です。

岡崎トミ子の反日活動については取り上げると長くなりますが、
平頂山事件という実際にどの程度のものがあったのかどうかわからない事件について
民主党が野党時代の2009年5月に日本政府に公式謝罪を要求した事があります。

南京大虐殺などというフィクションがまかり通っていますが、
その二匹目のドジョウ狙いのためにわざわざ訪中団を組織して訪中し、
日本政府に公式謝罪を要求した1人が岡崎トミ子です。

このときのメンバーは以下の通り。

逢坂誠二、郡和子、近藤昭一、佐々木隆博、篠原孝、田島一成 、筒井信隆、平岡秀夫、山田正彦 、横光克彦
相原久美子、犬塚直史、岡崎トミ子、神本美恵子、今野東、谷岡郁子、中村哲治、那谷屋正義、白眞勲、藤谷光信、松浦大悟、松岡徹、松野信夫、水岡俊一

現在も国会で偉そうにしているのがたくさん残っている事がわかります。
足立康史議員の言葉を借りれば
中国共産党と通じているのではないかと言われても仕方のない連中です。
 カテゴリ
 タグ