トランプ政権に変わって米国は北朝鮮への攻撃も選択肢であるとはっきり言っています。

韓国は冷戦体制のように
「韓国には価値があるからわがままをどれほどやっても日米は最終的には妥協する」
などという妄想は今すぐすてたほうがいいでしょう。
というか、韓国は今でも韓国に高い価値があるように妄想していますが、
むしろ日米にとってはお荷物になっていてどう処分するかという状況になっていることを
客観的に認めた方がよいでしょう。

日本もまた、北朝鮮情勢が危うい現状において、
いろいろと対策を考えなければならないわけですが、
国会では敵性勢力である民進党、共産党、社民党、自由党の反日野党連合は
相変わらず審議時間を無駄遣いしつづけていて、
67本提出されている法案のうち、いま成立しているのはたった1本です。
なぜなら反日野党連合が森友学園でどうこうと法案審議を拒否しているからです。

一昨日には外務委員会でも民進党の福島伸享などは質問時間のほとんど全てを森友学園ネタに使い、
外務とまるで関係無い事に貴重な国会の時間を潰されました。

特にこの日は日米英などで物資の共有などを行うACSAについての審議でした。
そちらにはまるで関係の無い質問に終始しているバカなど
本来なら議場からたたき出してもいいのではないかとすら思います。


そこで連日で申し訳ないですが、森友ネタです。

森友学園のネタでは積極的に籠池やノイホイから受けた文書や情報を
国会やテレビで広げてきたのは間違いなく民進党(偽)です。

籠池を参考人招致させて無い事無い事言わせて
「怪しい」という雰囲気だけをひたすらマスゴミと一緒になって作ることで
安倍内閣を潰しつつ、テロ等準備罪などを妨害しようというのが
民進党(偽)や共産党などの反日野党連合の作戦であったことは間違いないでしょう。

ところがあまりにも
「裏取りゼロのいい加減な情報の流布」
でマスゴミと結託して国会も妨害しつつ安倍内閣や閣僚も攻撃できてこれたため
反日野党連合は調子に乗りすぎました。

自民党が「それじゃ証人喚問な!」
と言い出したら途端に態度を一変させるも、
あまりにも騒ぎすぎたため証人喚問を拒否できませんでした。

そこで民進党(偽)の参議院予算委筆頭理事である陳哲郎は
17日に緊急記者会見を開きました。

自分達が散々風説の流布を行ってきたくせに
その責任は自分達にはないということを繰り返し強調する内容で
つまりは証人喚問では偽証罪が課されるため、
籠池が嘘を撤回する可能性が高く、
民進党(偽)が積極的に国会で使ってきたその嘘の責任を取らされかねないため、
逃げるための理由を作る記者会見でした。


ついでに民進党(偽)のこれまでの参考人招致を利用して実行しようとしていた作戦も
白状してしまっているような状態でした。
その会見内容を整理します。
括弧内はブログ主の主観的補足説明です。


・反日野党連合が要求していたのは参考人招致であって証人喚問ではなかった。
(偽証罪が課される証人喚問ではデマの流布に使えないから参考人招致に拘っていた)
・参考人招致に当たっては質問するのは野党だけ。
・参考人招致は籠池だけではなく当事者複数名を招致すること
(ノイホイやらその他の自称被害者を連れて来てデマを言わせる予定だったのでしょう)


一方で今回証人喚問を渋々認めるにあたって民進党(偽)側が自民党に要求した条件が

・喚問する証人は籠池だけで他は認めない
(ノイホイやら自称塚本幼稚園の被害者だの自称地元の事情通などを連れてこられるとホラを吹かせていたことがバレるので呼ばせない)
・議席数に応じての質問時間では野党の質問時間が少ないのでなんとかしろ
(自民党の質問者に根掘り葉掘り質問されたら困るので野党に回せ)
・100万円寄付の問題については安倍総理と籠池の間で解決すべき問題だ
(完全なデマなので証人喚問で糾されたらヤバイ)
・民進党は籠池を信じたわけではないので100万円寄付の件で民進党は責任を負わない事
(ノイホイから得た情報で真っ先に国会で100万円の寄付があったと主張したのは民進党)

というものです。
要するに証人喚問で自分達がデマを撒いていた事が白日の下に晒されそうなので
「籠池が言っていた事を紹介しただけで俺達には責任はない!とにかく責任は俺達にはない!」
ということのために慌てて記者会見を開いたのです。

籠池が安倍首相から100万円寄付をもらったと言っている。証拠の払込票や寄付金リストもある。
などと外務委員会ですらも安倍首相に食ってかかったのが民進党です。

それでいて証人喚問ではデマだとバレてしまう可能性が極めて高いからと
慌てて直後に
「俺達に責任はない!」
とひたすら繰り返す会見を開いたことは徹底的に批判されなければならない話です。

意図的に風説の流布をしていたと白状しているのと何も変わらないのですから。

また、陳哲郎が慌てて行った会見では
マスコミの皆さんも間違えないでもらいたいが、100万円寄付の話は籠池が勝手に言い出した事で民進党には一切責任はない。
大事な事なので繰り返しますが、100万円寄付の件を民進党が信じたわけではない(ので民進党の責任ではない)
等々。
籠池が主張する100万円寄付の件で
17日の委員会審議ですら安倍首相を追及していたくせに
その日の審議後に慌てて記者会見でその件について民進党にはとにかく一切責任はないからな!
絶対ないからな!繰り返すけど絶対に俺達に責任はないからな!
とひたすら繰り返すのですからあきれ果てます。

で、陳哲郎はこんなことを言っていました。
d0044584_1622868.jpg

追及している側がまず確たる証拠を示すのが筋でしょう。

ブログ主は陳哲郎に1億円を貸しているので返してもらいたいです。
私はそう記憶しているから間違いないです。
名簿にも払い込みにも名前は残っていませんが、間違いありません。
表に出たらこまるからこっそり1億円貸してくれと言われたから貸したのです。
1億円を借りていないというのであれば借りていない事を陳哲郎は証明してください。

疑惑を指摘された方が説明しなければならないと
民進党議員全員が国会内外で繰り返し主張してきたのですから、
陳哲郎側に説明責任があります。
私は1億円を陳哲郎に貸しました。とにかく返して下さい。

「疑惑は疑惑を指摘された側が潔白を証明しなければならない」
という理屈を特にこの2~3年民進党は繰り返し主張してきました。

これをお読みの皆様も民進党の議員に貸した金を返してもらいましょう。
たぶん国民のほとんどが民進党の議員に返済を踏み倒されているはずです。
軽く数兆円は行くんじゃないでしょうか?(棒読み)
そんな事実は無いというのなら
民進党に証明する責任がありますので潔白を証明してください。


あと、責任逃れするのなら党の代表にきちんと同じ事を言うように根回ししろと言いたいです。
お前のところの代表はまだ強気の姿勢のまんまですよ?
大将だけ突撃させて自分達は真っ先に逃亡を図るなんて、どこの朝鮮人兵ですかね?


あ、そうそう、福島瑞穂さん。
d0044584_1626073.jpg

こうまで言ったのですから、事実が無かった時は
きちんと国会議員を辞職して韓国へ帰化する事で責任を取ってください。
 カテゴリ
 タグ