お次はロイターの記事をピックアップします。

【インタビュー:政権交代目指す責任、法人増税が必要=枝野・立民代表】
(2017/12/12 ロイター)

枝野幸男の経済政策がうかがえる内容となっています。
革マル派のパシリになるという覚書を交わしていた事で知られる枝野幸男の
経済政策はこの記事での主張をまとめると一行になります。

「法人税を増税して内部留保を吐き出させて再分配で経済成長だ!」

実際にインタビュー記事の中でこういう発言があります。

「成長なくして分配なしではなく、分配なくして成長なし。内需の拡大のためには適正な分配が先行しなければならない。これが明確に自民党と違う。日本経済の低迷の原因は内需。内需が悪いのは、分配政策が間違っているから」

主張が共産党と同じものになっています。
財政規律論者でもあり、
立憲民主党はその真っ赤な反日イデオロギーを抜きにしても
日本の経済を確実に悪くさせる政策しかもっていないようです。
 カテゴリ
 タグ