第二次安倍政権になってからの船田元の実績も言動も もはや完全に民主党のそれ

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • 第二次安倍政権になってからの船田元の実績も言動も もはや完全に民主党のそれ
  • ホーム
  • »
  • »
  • 一般
  • »
  • 第二次安倍政権になってからの船田元の実績も言動も もはや完全に民主党のそれ

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
 カテゴリ
 タグ

第二次安倍政権になってからの船田元の実績も言動も もはや完全に民主党のそれ

  •  投稿日:2018-5-4
  •  カテゴリ:一般

まずは船田元の記事から。

【解散権制約の検討前向き=自民・船田氏】
 自民党の船田元・憲法改正推進本部長代行は28日、千葉市で開かれた憲法改正に関する討論会で、衆院解散権の制約について「いつでも(解散を)やれるという状況には一定の歯止めは必要なので、検討したい」と述べ、改憲の検討項目とすることに前向きな考えを示した。解散権をめぐっては、立憲民主党などが、時の内閣の恣意(しい)的な解散を防ぐために制約が必要だと主張している。
(2018/04/28 時事通信)



船田元は自民党側で役職をもらったら反日サヨク憲法学者を
自民党側の参考人として推薦に入れて安倍内閣の足を引っ張りました

そもそも自民党内ではかつてのスキャンダルの影響などで
影響力ゼロという点でとっくに死んでいる議員なので
とっとと作新学院の理事長に専念して議員を引退すればいいレベルの人です。

こんなのでもかつては保守をアピールしていたんです。

第二次安倍政権になってからの船田元の実績も言動も
もはや完全に民主党のそれです。


首相の解散権を縛るというのは安倍首相が解散するたびに
選挙でボロ負けしてきた民主党などの反日野党が言い出した事です。

ですが、そもそも解散権というのは
総理大臣が国会に対して行える唯一の対抗手段なのです。

それを議会側が都合の良い条件でしか解散できないように縛るということは
つまりは総理の力を失わせて国会をより優位にするということであり、
国会の構造そのものを変えるということに他なりません。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 嫌儲24時速報ろだ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK