この事件の主犯である青木大和と自称スーパーハッカーのTehuの名前は 今後も忘れないように

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • この事件の主犯である青木大和と自称スーパーハッカーのTehuの名前は 今後も忘れないように
  • ホーム
  • »
  • »
  • 一般
  • »
  • この事件の主犯である青木大和と自称スーパーハッカーのTehuの名前は 今後も忘れないように
 カテゴリ
 タグ

この事件の主犯である青木大和と自称スーパーハッカーのTehuの名前は 今後も忘れないように

  •  投稿日:2018-5-4
  •  カテゴリ:一般
民主党は自分達で作った法律を堂々と破り続けました。
岡田克也は議事録が残る事で揚げ足を取られてはならないから
議事録を取らないというような説明を民主党政権発足直後からしていました。

この岡田克也の説明どおりなのです。

総理の解散権を縛るという話についても
たとえば2014年の解散の時には
安倍総理が解散できないだろうから
「解散をしない卑怯者!」
というレッテル貼りで安倍のネガティブイメージを作っていくぞと
江田憲司、海江田万里、枝野幸男等々、
「消費税増税を延期しようとしているくせに選挙に出ない卑怯者」
というレッテル貼りで安倍総理の解散を煽りました。

ところが安倍総理が解散に打って出たため
急に「この解散には大義が無い!」
などとマスゴミと一緒になって解散を決断したことを批判しました。

そして一部メディアと民主党議員どもがグルになってやったのが
安倍総理の解散を批判する小4を騙る偽サイトを作った事件でした。

この事件の主犯である青木大和と自称スーパーハッカーのTehuの名前は
今後も忘れないように
したほうがいいでしょう。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 嫌儲24時速報ろだ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK