カテゴリ
 タグ

  •  投稿日:2018-5-4
  •  カテゴリ:一般
以前からこのブログで書いている事ですが、
日本国憲法9条が日本の足を引っ張り、
日本を侵略しようとする国を守る為に作られた条項
だからに他なりません。

戦後、占領軍司令官だったマッカーサーは
ポツダム宣言を無視して日本を占領軍の軍事独裁政権にし、公用語も英語に、
皇室も占領軍の支配下とする一方的な占領指令を公布しようとしていました。
日本側の説得によりこれはすんでの所で撤回されましたが、
当時の占領軍はの目的は日本を米国の植民地として
日本の文化的主柱を破壊して再起不能にする事が目的でした。

ですので自然権であるはずの自衛権をも否定するような
9条などという条項を入れてきたのです。

ところが朝鮮戦争が起きて事情が変わりました。

共産主義の恐ろしさをわかっていなかった米国でしたが、
朝鮮戦争で多くの兵士を地雷を撤去させる為の人柱として
地雷原を前進させて使い捨てにしたりするなど
共産主義陣営の異常性にマッカーサーは考えを一変させました。

ですが、自分達より格下である日本に対して
自分達の間違いを素直に認めるはずもなく9条も残っています。

短期間で作られた日本国憲法は内容がかぶってる条項があったり、
自然権たる自衛権をも否定する9条があるなど、
こんな欠陥憲法を変えないできた事の方が問題です。

反日6野党は憲法改正の発議を阻止しなければならないという立場を取っています。

国民投票で国民が判断するんです。
その国民の判断に委ねることを否定する連中に
国民の代表面する資格はありはしません。

国民が考えて選べるようにしなければなりません。

ところがマスゴミも反日パヨクどもも
日本を侵略しようとする国を守る為の条項である9条に
指一本触れさせないようにするために
憲法改正の発議そのものをさせないように動いています。

日本国憲法には改正の為の条項があります。
つまりメンテナンスを前提としているのです。
ところがそのメンテナンスを絶対にさせないぞと繰り返し、
メンテナンスの為の国民の選択肢すら封じようとしてきたのが
彼ら反日勢力です。
彼らこそ憲法の精神を踏みにじっています。

福島瑞穂に至っては
「憲法を時代に合わせるのではなく我々が憲法に合わせなければならない」
という意味不明な事を言っています。

北朝鮮は核ミサイルで日本を恫喝し、
中国共産党は沖縄は元々中国領土だったとして
すでに沖縄を中国領土とした法律まで作っていて、
侵略の姿勢を隠そうともしていません。


ロシアは日本の周囲を爆撃機で周回させて
いつでも実力行使できる姿勢を見せるなど、
日本が弱体化すれば、
いつでも火事場泥棒国家としての伝統を見せつける選択肢を捨てていません。

この状況に於いて日本が日本の独立を守る為に
あらゆる手段を講じられるようにするのは当然の話でしょう。

日本国憲法は前文からして的外れで、
何を寝言を言ってるんだ?というレベルです。
いろんな国の法律からのコピペによるパッチワークなので
意味不明な内容になっているのは当然といえば当然です。

少なくともロシアや特定アジアを見るに
日本国憲法の前文にあるような
公正と信義を信頼できる平和を愛する諸国民でしょうか?
平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会ってなんですか?
すぐ隣にいる連中からしてこの条件を絶対に満たしていません。

あきらかに妄想の域であるこの日本国憲法の内容に合わせようとすれば
日本は間違いなく滅びます。
だからこそ内容のおかしなところを修正していくという作業が必要です。


一方で、憲法改正をさせないためにも
モリカケでひたすら国会を停滞させ続ける事が
今の反日6野党とマスゴミの大きな狙いの一つであることは明らかです。

この点は昨年のテロ等準備罪にも言える事です。
あのときも散々審議妨害をされて時間稼ぎをされました。
本当に税金泥棒です。

あ、そうそう。
与党の4倍の質問時間を寄越すのが当たり前だとか
散々ごねてたのが民進党系の3党でした。

審議時間を与えたところで
「審議拒否でサボる」
「出て来たとしても議題と全く関係無い議論で時間を潰す」
しかやらない連中に質問時間を与えることが完全な無駄であることを
彼らは今欠席戦術を続ける事で見せつけてくれています。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 嫌儲24時速報ろだ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK