米側が北朝鮮に対してプレッシャーをかけやすくなった昨日の米朝会談

  • ホーム
  • »
  • »
  • [PR 広告]
  • »
  • 米側が北朝鮮に対してプレッシャーをかけやすくなった昨日の米朝会談
  • ホーム
  • »
  • »
  • 一般
  • »
  • 米側が北朝鮮に対してプレッシャーをかけやすくなった昨日の米朝会談

この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
 カテゴリ
 タグ

米側が北朝鮮に対してプレッシャーをかけやすくなった昨日の米朝会談

  •  投稿日:2018-6-12
  •  カテゴリ:一般
昨日の米朝会談は
今までのように適当に約束してから反故にするのが狙いの金正恩が
うまいことしてやったというような方向で
日本のマスゴミどもは話を進めたいのでしょう。


・米朝で合意署名した
・朝鮮半島の非核化
・米側は北の体制を保証する
・非核化が見える形で確認できない限り制裁はそのまま
・非核化の見返りの金を出すのは日中韓

ということで北朝鮮としては時間稼ぎできた形ですが、
むしろさらに条件がきつくなってしまいました。

また、朝鮮半島の非核化ということで
韓国の政府をガン無視して朝鮮反党全体の事を
米朝で合意しています。

トランプ大統領としては
散々邪魔だけしてきた文大統領については
どうせ北の仲間なのでと切り捨てした形でしょう。

日本側は拉致問題の完全解決がない限り
1円も援助しないという姿勢なので
北朝鮮はたかれません。

もっとも、日本共産党や有田芳生などの
北朝鮮の手下の連中は
日本は日朝平壌宣言に基づいて経済援助をしろ
とさっそく言いだしているようですが、
ミサイル開発をするなどして日朝平壌宣言を
北朝鮮は一方的に反故にしているので
そもそも日朝平壌宣言は無効になっています。

日本側がお金を出す根拠はありません。

また、文大統領が北朝鮮を助ける為にも
朝鮮戦争の終結宣言をしたいようなことを言っていましたが、
そうなれば
拉致が解決していない日本は1円たりとも出しませんし、
中南海もなんだかんだで北朝鮮への無駄金は出さないでしょう。
そうなると北がたかる相手は韓国です。
韓国にそんな余裕はないはずです。

もっとも、朝鮮戦争が終結したら「特別永住許可」の根拠がなくなるので
日本政府にきちんと特別永住許可の失効の確認をしたいところです。

一癖も二癖もあるのがゴロゴロいるNYで
不動産業で財を成したトランプ大統領だけに
チンピラみたいな連中の扱いには慣れていると思いました。

先に一度交渉中止を言うことで
北朝鮮を慌てさせて主導権を握り、
北朝鮮がようやく実験場の破壊を行ったら
今回のシンガポールでのお食事会。

そして今回の合意については
米国はお金はまったく出していません。
それどころか実質的に中韓に押しつけた形です。

ここのところの一連のトランプ大統領の行動とその結果を見れば
「米国側は何も出していない」のです。
チンピラみたいなのを相手にするのは実にうまいです。

制裁解除は北の非核化が先にありきで、
今のままでは解除されないままでしょう。
トランプ大統領は会談後に
「今日は帰国次第、さっそく約束した内容を実行に移すだろう」
と会見で説明していました。
普通に考えれば北朝鮮に対する脅しですよね。

今回の合意では北が変に時間稼ぎを狙ったせいもあるのでしょう。
トランプ大統領の選択肢を減らす
という肝心な部分は実はノータッチだったりします。

北が約束を守っていない、合意を履行しようとしていない
とみなせば北を空爆するという選択肢は消えていません。

北朝鮮としては金王朝を維持するためには
絶対に核とミサイルを放棄しないことが大前提ですので
このあとどのような時間稼ぎに出るのかというところでしょう。

ですが、ちょっとでも合意を破ったとみなせる動きがあれば、
それが米国にとっての攻撃の大義名分となりますので
米国は非常に動きやすくなります。

今回の合意は確かに内容は薄いですが、
米側が北朝鮮に対してプレッシャーをかけやすくなったと言えます。
 カテゴリ
 タグ

関連記事

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 嫌儲24時速報ろだ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

[PR]
 X 閉じる
MORK